緊急性の高い災害情報を得る手段として、AbemaTVを加えることをお薦めします!

どーも、ススムです。
今回は台風や大地震等の災害が起きた際の、情報入手手段をご紹介したいと思います。

ご存知の通り台風19号が、関東から東北地方を襲い、多大なる被害が発生しました。

直撃の当日は台風の最新情報を得ようと、テレビやネットニュースにかじりついていましたが、テレビを付けてみれば、NHK以外の民放はバラエティー番組を放送。番組の端に文字でニュースこそ流してはいますが、お笑い番組が普通に放送されていて、とても台風が直撃している地方のメディアとは思えない緩~い状態で、NHK以外は全く使い物になりませんでした。

そして普段は更新が早いネットニュースも、情報更新がやや遅く『いま台風がどの位置に来ているのか』『どのような被害が出ているのか』等を、テレビやネットニュースからでは、リアルタイムで把握するのがとても困難な状態でした。



こんな時こそ素晴らしいメディアがあった!

テレビもネットもいまいち頼りにならず、どうしたもんかと考えていたところ、素晴らしいメディアがあることを思い出しました。

無料のインターネット放送をしている『AbemaTV』です。

AbemaTVはご存じの通り無料で視聴できるインターネットTVですので、スマホさえあれば誰でも視聴ができます。

早速スマホを付けてアプリを起動してみると、既に台風専用の特別番組が組まれており、NHKや民放、そして情報最先端と言われるネットニュースよりもいち早く情報を提供してくれました。

特に台風の様に移動型の天災の場合、情報の鮮度はとても重要になります。

AbemaTVはテレビ朝日の出資もあることから、その報道網を使い、迅速かつ正確に放送・解説してくれますので、視聴者としてはわかりやすく、安心感があります。

今回の台風は事前に史上最大などと報道されていただけに、限りなくリアルタイムに近い形で情報を知りたかったので、私のなかではAbemaTVが最も活躍したメディアとなりました。

以前、ホリエモン(堀江貴文)が『携帯電話が5G展開を始めたら、テレビの終わりの始まり』的な発言をしていましたが、この日に置いてはまさにその通り。すぐに専用チャンネルを開設したり、番組を組み替えたりできる機動力と俊敏性は、民法のテレビ局にはとても真似が出来ません。これぞ、インターネットTVならではと感じています。

今回のように特別な情報を知る手段として、既存のテレビやラジオやネットニュースと併せて、AbemaTVも利用することも覚えておくと、万が一の際の情報入手手段として、役に立つのではないかと思います。



アバター
About ススム 103 Articles
パソコン通信時代からのネットユーザーです。 SNSの普及と共にブログ時代の終焉を感じ、長い間放置していました。 最近友人に刺激され、8年振りにブログ更新再開! 自分がやってきた事・やっていきたい事を書きます!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)