10月5日に開催された「PayPay1周年感謝デー」で感じた使える店舗の多さ!

10月5日に開催されたPayPay1周年感謝デー。あの20%還元が1日限りで復活しましたので、この日はスマホを片手にお店周りをしました。

さて、どのお店に行こうかと考えたところ、半年前と違って利用できるお店の多さにまず驚かされます。

過去2回の100億円還元キャンペーンの際は、使えるお店が『家電量販店』と『コンビニ』位でしたので、還元はされて嬉しいものの、結局使える場所がなく、コンビニばかりにお金を落としていました。

しかし今回は違いました。

まず、スーパーを筆頭にドラッグストアやホームセンターが使えますので、食料品や日用品に20%還元が適用できます。

さらにはユニクロや靴の流通センター等の衣料品、そしてゲオやTSUTAYAにブックオフ・ハードオフ等の本やCD・ゲーム・中古品などの趣向品、牛丼屋・回転寿司・居酒屋などの飲食店、極めつけはダイソーの100円商品と、20%還元を適用できるお店が本当に増えました。

回りたいお店をピックアップすると、その多さに流石にげんなりしましたが、PayPayブーム以来ずっと利用している自分にとっては、この1年間のPayPayの成長を噛み締めながら、脚を棒にしながらも、楽しみながら色々なお店でお買い物をさせて頂きました。



システム障害も、他社より圧倒的に利用者が多い証拠!PayPayならではお祭りです!

いま思えば、PayPayのCMにお祭り男(宮川大輔)を起用したのは、センスが良いとしかいえませんね。

途中、決済が混み合って大変な事になりましたが、ライバルでもあるLineペイやメルペイ、D払い・auペイが同じ20%還元しても騒ぎになることもありませんが、さすがはPayPay、システム障害が起こるのも他社より圧倒的に利用者が多い証拠でもありますので、まさにお祭り的な1日だったと思います。

初めてPayPayを利用した方には、システム障害で不信感が生まれてしまったのが残念ですが、たまにはこうしたお祭り的なイベントも人間的で良いのではないのでしょうか?
※もちろんシステム障害は、大切な金銭の授受ですので、本来は絶対あってはいけないことです。

まだまだ続くキャッシュレス戦争ですが、今回のキャンペーンを体験した自分としては、使えるお店の数・戦略含め、PayPayは一歩抜き出た感があります。

他社も当然黙ってはいないとは思いますので、どの様になっていくのかは未知数ですが、消費者としては『同じお金を払うなら、うまく還元を利用して、楽しく、そして賢く』ではないでしょうか♪



アバター
About ススム 103 Articles
パソコン通信時代からのネットユーザーです。 SNSの普及と共にブログ時代の終焉を感じ、長い間放置していました。 最近友人に刺激され、8年振りにブログ更新再開! 自分がやってきた事・やっていきたい事を書きます!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)